6分間歩行テスト(6MWT)

6分間歩行テスト(6MWT)

6分間歩行テスト(6MWT)は患者が6分間でできるだけ長く歩ける距離(6MWD)を測定する試験です。

6分間歩行テスト(6MWT)によって得られる6分間歩行距離(6MWD)、SPO2、PR等の測定データはCOPDや呼吸器疾患患者の回復時期やその見込みの予測の把握に役立つことが数多くの報告により知られています。

本ソフトウェアはパルスオキシメータで測定されたデータをBluetoothによる無線受信で患者状態をリアルタイムで確認しながらデータをPCに取り込み、独自のデータ解析からトレンドグラフ、データ管理、報告書作成等の作業を効率的に自動化する専用ツールです。

時間内歩行試験ソフトウエア_カタログ.pdf(1.2MB)

Menu